見えないところ

見えないところのクルマの車内の清掃は、見えるところ以上に新たな発見があるものです。たとえばなくしたと思っていたカギがでてきたり、小銭が落ちていたり、場合によっては印鑑が落ちていたと言うケースもあります。

そんな感じで、見えないところを掃除してみると何かいろいろなものが出てくるケースが多かったりしますし、こうした見えないところは見えるところ以上にホコリやゴミがたまりやすくなっています。これは部屋の掃除におけるタンスの裏やベッド、机の下に当てはまるものであり、そうしたところを掃除すると言う感覚で見えるところが終わってから取り掛かりましょう。

基本的に見えるところとやり方はいっしょで、まずは掃除機などを準備します。しかし見えないところは手の届きにくい場所でもありますので、掃除機のノズルを小さくて細いものに変えたり、シートのレバーを動かしてシートをスライドさせたり、前の方にリクライニングさせたりして、掃除をする前にその掃除をしやすい環境を作ることを頭に入れておきましょう。そうした環境をつくったらいよいよ掃除開始ですが、何か落ちていないかをまずチェックしてみて、それからなるべく隅々まで掃除をするのがやり方です。