任意保険の必要性

任意保険は自賠責とは違ってその名の通り「任意」ではありますが、ほとんどの方が間違いなく加入されているのではないかと思います。「絶対に事故など起こさないから加入の必要がない」と未加入で自動車の運転をしているつわものがいるかもしれませんがそれは非常に危険です。事故は自分が起こさなくても起こされる(巻き込まれる)ことも往々にしてあるということも覚悟しておかなければなりません。事故を起こされた場合は自分には責任はないから相手の保険でどうにかなるだろうという声もたまに耳にします。しかし、もし事故を起こしてきた相手があなたと同じ考えで任意保険未加入者だった場合はどうなるのでしょうか?

 自動車事故の場合、現在ではほとんどが当事者同士の直接交渉は出来るだけ避けるようにと保険会社からアドバイスされます。昔は当事者同士の話し合いによる示談交渉なども当たり前のように行われていましたが最近はトラブルになることが多く、早い解決の為にも互いの保険会社が間に入って交渉をしてくれるというパターンがほとんどのようです。いつなんどき起こるかわからない事故に備えて任意保険の加入は必要不可欠ともいえるのではないでしょうか。