任意保険の種類

任意保険に加入することでどのような事態に対応が可能となるのでしょうか。
任意保険は大きく分類すると「賠償責任保険」、「傷害保険」、「車両保険」という3種類に分けることができます。

 「賠償責任保険」はその名の通り賠償責任が発生した場合に適応される保険です。
例えば自分の過失などによって事故の相手に損害を与えてしまった場合、もちろんのこと弁償という問題が浮上してきます。しかし、通常安易に支払いが可能な金額で済む場合はほとんどありません。相手の車の修理費用や不運にも相手が怪我をしてしまった場合には完治するまでの医療費、そして精神的ダメージを与えたことに対する慰謝料なども必要となります。余程の資産家などでない限り請求額に対応するのはまず不可能でしょう。その時に活躍してくれるのが任意保険の賠償責任保険の部分になるわけです。

「傷害保険」はよく賠償責任保険と混同されがちですが、補償対象が事故の相手ではなく自分サイドになるという点です。自分はもちろん事故の際にあなたの車に同乗者がいたとしましょう。その方も含めて怪我や最悪の場合死亡といった結果になってしまった場合の補償です。

「車両保険」はご存知の方も多いのではないでしょうか。
事故をすれば相手だけでなく自分の車もたいがいは損害を受けることになります。自分に責任がある場合は自分の車の修理は自分で費用を補うこととなります。それらの費用を補ってもらうための保険が車両保険なのです。