ユーザー車検に備えて

ユーザー車検を利用するメリットは通常なら車検代行料とういう名目や手数料という名目で数千円から数万円かかる費用を節約することが可能になります。また車検を受けるにあたり、多くの業者にとってはどこかしらの問題個所を「修理」することで儲けを得ようとするわけですから実際には車検の項目に関係のない箇所であっても「ここが悪いので・・・」と説明して修理を進めてきたりもします。車検を受けることが前提ですからお客もその個所を修理しなくては車検が受けられないと思いこみ泣く泣く高額な部品代と工賃を払うこととなるのです。しかし本来車検は最低限自動車が走行を続けるために重要な個所のみを検査しますので実はそんなに厳しくもないのです。とりあえず車検を受けて、その後改めて点検を受けて必要個所の修理を検討すれば一度に大きな出費をして大変な思いをする必要はなくなります。

 「ユーザー車検引き受けます」と書かれた看板を表示している業者をたまに見かけます。しかしユーザー車検は名前の通り車のユーザーが自分で行うからこそメリットのあるものでユーザー車検という名目であっても業者に委託してしまうのであれば結局はどこかで代行料をとられることになるのです。