タイヤは消耗品

車において重要なパーツの一つにタイヤがあります。
車というのは様々なパーツによりできていて使えば使う程そのパーツというのは消耗していきます。
その中でも消耗が激しいのがタイヤなのです。
タイヤは路面と接している唯一のパーツです。そのため擦り減りが激しく走る場所によっては通常以上に擦り減ってしまいます。
そのためタイヤはしっかりと交換しなければならない消耗品なのです。

ではタイヤの交換時期というのはどういったものなのでしょうか。
タイヤの交換時期というのは実はしっかりと分かるようになっています。
タイヤにはスリップサインと呼ばれるものがあります。
これはタイヤの溝についているでっぱりでこれがあることでタイヤの擦り減り具合が分かるようになっているのです。
このスリップサインが1.5mm以下になってしまうとタイヤは寿命とうことになります。
なので、長く車を走らせている人はタイヤのこういった部分をしっかりと確認してタイヤの寿命がまだ来ていないかということをしっかりと確認しましょう。

スリップサインなどが問題なくても走行距離がかなりある場合には交換した方がいい場合もあります。
倉庫距離とスリップサインを目安にしてタイヤ交換を粉うようにしましょう。