タイヤの劣化

タイヤというのは使えば使う程劣化するものというのを知っていますか?
どんなパーツでもそうですが、長く使い続ければパーツが消耗し、最後には壊れてしまいます。
その中でもっとも消耗しやすいのがタイヤでタイヤはしっかりと交換時期を見極めて交換しなければならないのです。

しかし、タイヤの交換時期というのは他と比べて難しいですよね。
まだ行けると思って交換せずにそのまま走らせている人も多いのではないでしょうか。
実はタイヤにはある程度寿命がわかるようになっている目印があるのを知っていますか?
それがスリップサインと呼ばれるものです。
タイヤにというのは様々な線が入っていてその溝に出っ張りがあるのです。
それがスリップサインと呼ばれるものです。

通常この出っ張りというのは溝にあるため気にならないのですが、車を使い続けてタイヤが擦り減ってくると分かるようになるのです。
この溝が1.5mm以下になるとタイヤの買い替え時期になるというわけです。
これを無視して走り続けてしまうとタイヤがパンクしてしまったり、ブレーキなどがしっかりきかなくなってしまったりして事故につながることがあります。
なので、しっかりと点検をしてスリップサインは確認しましょう。