タイヤのローテーション



車を使うにあたってタイヤの交換時期というのはとても大切なものになります。
しっかりと交換時期を見極めておかなければ車を安定して走らせることができなくなってしまう場合があるのです。
ではなぜタイヤは交換しなければならないのでしょうか。

タイヤを交換する理由はタイヤは走っているうちに擦り減ってしまうからです。
長い間同じタイヤで走り続けていると擦り減ってしまい最初の形と若干変わってくるのです。
そうなると何が変わるのかというと制動距離などが変わります。
制動距離はブレーキをしたときにすすむ距離のことで短ければ短い程いいのですが、擦り減ったタイヤでは新品と比べて10m以上も差が開いてしまうのです。
つまり、できるだけ早く交換することが大きな事故を起こさないために必要なのです。

タイヤのうまい使い方としてはタイヤのローテーションを行うということです。
タイヤはそれぞれついている場所によって擦り減り方が変わります。
そのため定期的にタイヤの場所をチェンジして一定にするということがタイヤを長持ちさせるために必要なのです。
これは駆動方式によって変える場所が変わってくるのでしっかりと憶えておくといいでしょう。
このようにタイヤをうまく使い交換時期を見極めましょう。