タイヤの寿命

タイヤには寿命があるのを知っていますか?
車にとってタイヤというのはとても重要なパーツの一つですが、ずっと使うことができるというわけではないのです。
タイヤはしっかりと交換時期を見極めて交換をしなければ思わぬ事故につながってしまうことがあります。

ではタイヤの寿命を迎えるとどういったことが変わるのでしょうか。
タイヤというのは走れば走る程擦り減ってしまうのが特徴です。
タイヤが擦り減ってしまえば何が変わるのかというと制動距離が変わってしまいます。
制動距離は急ブレーキをしたときに止まるまでの距離のことでこれが新品時のタイヤと比べると10m以上も変わってしまうのです。
つまり、そのままタイヤを使い続けてしまうと防げていた事故も大きな事故になってしまう可能性があるというわけです。

タイヤの寿命というのはある程度把握することができるようになっています。
タイヤにはスリップサインと呼ばれるものがあり、タイヤの溝にでっぱりがあるのです。
それを見ることでどのくらい擦り減ったかというのを確認できます。
1. 5mm以下になったらそのタイヤは寿命なのです。
こおういったことをしっかりと憶えておき、タイヤの交換時期を間違えないようにしましょう。