タイヤと燃費

長く車を使うならばしっかりとタイヤの交換時期というのを憶えておかなければなりません。
タイヤというのは消耗品でしっかりと交換時期を見極めて交換をしないと危険なのです。

ではタイヤの交換時期というのはなぜそれほど重要なのでしょうか。
他のパーツでもそうですが、車というのは使えば使う程パーツというのは劣化していきます。
タイヤもそうでタイヤは走れば走る程擦り減ってしまい元の形から変わって行ってしまうのです。
タイヤが擦り減ってしまうと変わってしまうことが多くあります。
まず一つが制動距離です。
制動距離は急ブレーキを踏んだときに止まるまでの距離のことで短ければ短い程正常なものとされています。

しかし、タイヤが擦り減っているとこの制動距離というのはかなり伸びてしまい新品と比べても10m以上もの差がでてしまうということが分かっているのです。
さらに、擦り減ったタイヤを使い続けていると燃費も変わってきてしまいます。
どれだけ燃費がいい車でも擦り減ったタイヤではしっかりと走ることができません。
そのため走行距離なども落ちてきていしまい燃費が悪くなってしまうのです。
このようにタイヤというのはしっかりと交換しなければならないのです。