スリップサイン

タイヤというのは交換しなければならないものということを知っていましたか?
車に長く乗っている人でもずっと同じタイヤを使い続けているという人は多いのではないでしょうか?
実はタイヤといのは消耗品でしっかりと交換時期があり、そのまま走り続けていると事故につながる可能性があるのです。

タイヤというのは走れば走る程擦り減ってしまっているのです。
そのため新品の時と比べても形が変わってしまいます。
擦り減ることで制動距離も変わってきてしまい新品と比べると濡れた路面を走るときには10m以上も違いが出てしまうのです。

これでは防げる事故も防げなくなってしまいますよね。
ではタイヤの寿命というのはどのようにして調べればいいのでしょうか?
タイヤの寿命というのは実は簡単に調べることができるのです。
それがスリップサインと呼ばれるものです。

タイヤには溝がありその溝にでっぱりがあります。
これがスリップサインと呼ばれるものです。
スリップサインが擦り減ることで見えるようになってきたらタイヤ交換の合図なのです。
車を運転している人はしっかりとタイヤを点検してスリップサインを見逃さないようにしましょう。
安全に車を運転するために必要なことなのです。